矯正歯科でガタガタ歯列を一気に整え隊|綺麗な歯列が魅力

歯医者

歯医者を探す

医療器具

健康的な生活は毎日の積み重ねによって実現できます。健康に大きく関わってくるものには歯の存在があります。最近は歯の治療に関する注目が高まってきているのです。インプラントには特に注目されています。

» 詳細へ

歯を白く

歯

オーラルケアを毎日続けることで歯は綺麗な状態を保つことができます。しかし歯はあらゆる刺激にさらされているものです。定期的なホワイトニングを行なって綺麗に保ちましょう。

» 詳細へ

治療に掛かる期間

歯医者

歯が既に失われている人は身体に開悪影響が現れる前に治療を行なった方が良い場合もあるでしょう。失ってしまった歯の状態を元に戻すにはインプラント治療がうってつけになっています。

» 詳細へ

早い内に治療

院内

鉄は熱いうちに打ったほうがイイとか何とか、あるいは「芽」のうちに摘んどいたほうがイイとか何とか。
「早いうちにどうぞ」という事柄は、世にたくさん見られます。食事が運ばれてきたら話し合いは一旦中断、温かいうちに召し上がりましょう、ということになるわけです。
『小児矯正歯科』というところが存在しているのも、そんな理由からであるといえるでしょう。早いうちに矯正しといたほうが、あとあと都合が良い、というわけです。ここでは、その「時期」について説明しましょう。
「早いうちに」というのは、具体的にはどの時期なのか?ということ。鉄だったらまだ赤々としているときに打つでしょうが、子どもの歯についてはどういうことが言えるのでしょうか?

まず具体的な数字から出してしまうなら、小児歯科矯正の時期は大体、6歳ごろから始まります。「小児」と言えば特に小さい子どもを表す言葉に見えるかもしれませんが、小児矯正歯科を利用する場合の適齢期は、上は14歳ごろまでと広く設定されています。この理由にあるのは、歯の生え変わりと顎の骨のこと。
乳歯と永久歯が生え変わるというのは誰もが知ってることでしょうが、それを済ませたあとでなければ意味がないわけですね。

ある歯科治療は大人になってからよりむしろ、子ども時代に済ませておいたほうが良いということがあるからかもしれません。虫歯も早期治療が大事ですが、『小児矯正』とか。小児矯正というのは読んで字のごとく、「子どもの矯正」ですけれど、具体的には歯並びの矯正のことを言います。小児矯正は、矯正治療というものは子どもの頃にやっといた方がいいということで、行われているものです。
日本ではそう声高に言われることではありませんが、アメリカなどではもはや常識になっていて、子どもが小児矯正歯科に通うというのは珍しいことでも何でもないようです。